元の鞘に収まる(読み)もとのさやにおさまる

精選版 日本国語大辞典「元の鞘に収まる」の解説

もと【元】 の 鞘(さや)=に収(おさ)まる[=へ填(はま)る]

仲たがいまたは離縁したものが、再びもとの関係にもどる。
※浮世草子・椀久一世(1685)上「中脇差は元のにおさまる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「元の鞘に収まる」の解説

もとさやおさま・る

いったん絶交または離縁した者が、再びもとの関係に戻る。
[類語]仲直り和解和睦和議和平和戦講和休戦停戦終戦矛を収める水に流す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android