仲直り(読み)ナカナオリ

デジタル大辞泉「仲直り」の解説

なか‐なおり〔‐なほり〕【仲直り/中直り】

[名](スル)
仲が悪くなっていた人達が、もとのように仲よくなること。和解和睦わぼく。「弟と―する」
(中直り)死期が近づいたとき、病状が一時的に小康状態になること。
[類語]和解和睦和議和平和戦講和休戦停戦終戦矛を収める水に流す元の鞘に収まる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仲直りの言及

【喧嘩】より

…友人どうしでもけんかをするくせに仲がいいけんか友達もある。夫婦げんかは犬も食わないというのは,ほうっておけばひとりでに仲直りをしてしまうから,よけいなおせっかいはしないほうがいい,犬ですら夫婦げんかには関心をもたないという意味である。火事とけんかは〈江戸の華〉といわれたが,はでな騒ぎになるからだとされている。…

※「仲直り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android