使節(読み)しせつ

精選版 日本国語大辞典「使節」の解説

し‐せつ【使節】

〘名〙 (昔、中国で他国に使者として行く人は符節(割符)を賜わり、これを持参したところからいう) 国家、または君主の命を受けて、その代表として諸方に使する人。使臣
※中右記‐保安元年(1120)一二月一九日「御馬使左近府生下毛野敦利候院人、二ケ度勤使節也」
※太平記(14C後)一〇「(あまつさへ)藩屏の中にして、使節(シセツ)誅戮(ちうりく)する条、罪科軽にあらず」 〔周礼‐地官・掌節〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「使節」の解説

し‐せつ【使節】

《古く、中国で、他国に行く使者が符節(割符)を持参したところから》国家や君主の命令を受け、他国に派遣される人。「使節団」「文化使節
[類語]使者使い特使正使密使急使全権大使特命全権大使

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「使節」の解説

【使節】しせつ

朝廷の使者。〔周礼、地官、掌節〕國の、山國にはを用ひ、土國には人を用ひ、澤國にはを用ふ。皆金なり。

字通「使」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android