ジョルジュ クロード(英語表記)Georges Claude

20世紀西洋人名事典「ジョルジュ クロード」の解説

ジョルジュ クロード
Georges Claude


1870.9.24 - 1960.5.23
フランスの工業化学者。
科学アカデミー会員。
パリ生まれ。
パリの市立学校で物理と化学を学んだ後、1889年電気技術者となる。1896年からフランセーズ・ハウストン・トムソン社にて研究し、1897年アセチレンをアセトンに溶かし安全に貯蓄できる方法を発明する。1902年爆発による空気液化法を考案、’10年には不活性気体中での放電による発光を発見しネオン管を作る。空気中の希ガスの工業的分離法を完成したほか、’17年クロード法と呼ばれる新しいアンモニアの合成法を発見。’24年科学アカデミー会員となるが、’45年ナチスに協力した罪で終身刑を受ける。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「ジョルジュ クロード」の解説

ジョルジュ クロード

生年月日:1870年9月24日
フランスの化学者,物理学者
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android