精選版 日本国語大辞典「び」の解説

〘語素〙 名詞に付いて、そのまわり、ほとりのを添える。「川び」「山び」「浜び」など。
[補注]意味的には「へ()」(「へ」の甲類音)に近いものであるが、上代特殊仮名遣からみると、同じ乙類音の「み(廻)」との関連が考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「び」の解説

び[五十音]

」の濁音。両唇破裂音の有声子音[b]と母音[i]とから成る音節。[bi

び[接尾]

[接尾]名詞に付いて、そのまわり、ほとりの意を表す。「川」「浜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android