頭部(読み)とうぶ

精選版 日本国語大辞典「頭部」の解説

とう‐ぶ【頭部】

〘名〙
① 動物のからだの一区分。内部に脳を有し、外部に目・鼻・口・耳などのある部分。あたまの部分。〔生物学語彙(1884)〕
② 物のあたまの部分。先端の部分。
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「切薯(〈注〉きりいも)は彼の部を欲す」
病室の花(1920)〈寺田寅彦〉「寝台の頭部に光る真鍮金具

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「頭部」の解説

とう‐ぶ【頭部】

頭の部分。また、物の先端の部分。あたま。「仏像頭部
[類語]あたまかしらこうべつむりかぶりおつむヘッド雁首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の頭部の言及

【頭】より

…動物体の前部にあって1個のまとまりをなす部分をふつう頭という。〈頭部〉も同様の意に用いられる。頭には一般に口があり,摂食器官,感覚器官の発達や神経節の集中化がみられる部域である。…

※「頭部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android