青木 雨彦(読み)アオキ アメヒコ

20世紀日本人名事典「青木 雨彦」の解説

青木 雨彦
アオキ アメヒコ

昭和・平成期のコラムニスト,評論家



生年
昭和7(1932)年11月17日

没年
平成3(1991)年3月2日

出生地
神奈川県横浜市保土ケ谷

本名
青木 福雄(アオキ フクオ)

学歴〔年〕
早稲田大学文学部仏文科卒,早稲田大学大学院修士課程修了

主な受賞名〔年〕
日本推理作家協会賞(第3回)〔昭和53年〕「課外授業」

経歴
「東京タイムズ」記者、学習参考書編集者などを経てフリーに。「週刊朝日」連載の「青木雨彦の人間万歳」で276人とパンダ2匹というインタビューの“最長不倒記録”を樹立。サラリーマン問題などの社会評論やミステリーを書き、53年ミステリーにおける男と女の研究「課外授業」で、第3回日本推理作家協会賞を受賞。「長女の本」「洒落れた関係」「冗談の作法」「男の帰り道」など作品多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「青木 雨彦」の解説

青木 雨彦 (あおき あめひこ)

生年月日:1932年11月17日
昭和時代;平成時代のコラムニスト;評論家
1991年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android