金風(読み)きんぷう

精選版 日本国語大辞典「金風」の解説

きん‐ぷう【金風】

〘名〙 (は五行説でや西にあたるところから) 秋の風。秋風。商風。西風。《・秋》
※懐風藻(751)秋日於長王宅宴新羅客〈刀利宣令〉「玉燭調秋序。金風扇月幃
※俳諧・芭蕉庵小文庫(1696)堅田十六夜之弁「やがて月雲外にはなれ出て、金風銀波、千体仏のひかりに映ず」 〔李商隠‐七夕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金風」の解説

きん‐ぷう【金風】

五行ごぎょうで、秋は金にあたるところから》秋の風。秋風。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「金風」の解説

【金風】きんぷう

秋風。金は五行説で秋にあたる。湘江に宿す〕詩 金風浦上、を吹く 一夜として、客舟に滿つ

字通「金」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android