秋風(読み)しゅうふう

精選版 日本国語大辞典「秋風」の解説

しゅう‐ふう シウ‥【秋風】

〘名〙
に吹く風。あきかぜ。《季・秋》
※万葉(8C後)三・四六五・題詞「移朔而後悲嘆秋風家持作歌一首」 〔漢武帝‐秋風辞〕
② (形動) (秋になって、風の寒さが身にしみるという連想から) ふところが寒いこと。所持金が乏しいこと。また、そのさま。
※洒落本・通言総籬(1787)二「これ公が所に孔方(こうほう)が少々なしか。小ぎくを一帖かいてへ。をれはすこぶる秋風(シュウフウ)だて」

あき‐かぜ【秋風】

〘名〙
① 秋に吹く風。→秋風の。《季・秋》
※万葉(8C後)一〇・二三〇一「よしゑやし恋ひじとすれど金風(あきかぜ)の寒く吹く夜は君をしそ思ふ」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「秋風や藪も畠も不破の関」
② (「秋」を「飽き」にかけて) 男女の愛情がさめること。
※古今(905‐914)恋五・七八七「秋風は身をわけてしも吹かなくに人の心のそらになるらむ〈紀友則〉」

しゅうふう シウフウ【秋風】

江戸前期の俳人。三井氏。名は俊寅。豪商三井高利の兄重俊の三男。京都の人。はじめ梅盛門、のち宗因や常矩に接近した。西鶴の浮世草子「諸艷大鑑」新龍宮の遊興は、秋風をモデルに描かれたものといわれている。編著「打曇砥」「誹諧吐綬鶏」など。正保三~享保二年(一六四六‐一七一七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋風」の解説

あき‐かぜ【秋風】

秋に吹く風。秋になって吹いてくる涼しい風。しゅうふう 秋》「―や干魚をかけたる浜庇/蕪村
「秋」を「飽き」に掛けて、男女間の愛情が冷めることのたとえ。
[類語]秋風しゅうふう春一番春風しゅんぷう春風はるかぜ花嵐薫風風薫る緑風やませ涼風すずかぜ涼風りょうふう野分き木枯らし空風寒風季節風モンスーン貿易風東風ひがしかぜ東風こち西風偏西風南風みなみかぜ南風はえ凱風北風朔風雨風波風風浪風雪風雨無風微風そよ風軟風強風突風烈風疾風はやて大風颶風暴風爆風ストーム台風ハリケーンサイクロン神風砂嵐つむじ風旋風竜巻トルネード追い風順風向かい風逆風横風朝風夕風夜風松風まつかぜ松風しょうふう山風山颪谷風川風浜風潮風海風陸風熱風温風冷風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「秋風」の解説

【秋風】しゆう(しう)ふう

秋かぜ。〔楚辞、九歌、湘夫人嫋嫋(でうでう)たる秋風 洞波だちて、木下る

字通「秋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「秋風」の解説

秋風 しゅうふう

三井秋風(みつい-しゅうふう)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android