懐風藻(読み)かいふうそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「懐風藻」の解説

懐風藻
かいふうそう

漢詩集。1巻。撰者(せんじゃ)については、淡海三船(おうみのみふね)説、葛井広成(ふじいのひろなり)説、石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)説などがあるが未詳。751年(天平勝宝3)成る(序文による)。近江(おうみ)朝以降、奈良朝中期の天平(てんぴょう)ごろまでの約八十数年間のわが国の詩人64人の漢120首を、ほぼ時代順・作者別に配列して一巻にまとめている。作品によっては詩を付したもの(6編)、作者によっては漢文による略伝を付したもの(9編)があり、わが上代漢文学の総集として唯一のもの。その作品傾向は、宮廷を中心とした侍宴(じえん)や応詔の作が多く、少数の詠物詩をも含んでいて、中国の六朝(りくちょう)・初唐詩に学んだ跡が濃厚。おもな作者には、大友皇子(弘文(こうぶん)天皇)、大津皇子、文武(もんむ)天皇、藤原史(ふびと)、長屋王(ながやのおおきみ)、藤原総前(ふささき)、同宇合(うまかい)、同万里(まろ)、石上乙麻呂(おとまろ)らがある。686年(朱鳥1)謀反事件で刑死した大津皇子の「金烏臨西舎 鼓声催短命 泉路無賓主 此夕離家向」は、『万葉集』の「ももづたふ磐余(いはれ)の池に鳴く鴨(かも)を今日のみ見てや雲がくりなむ」とともに有名。

[藏中 進]

『大野保著『懐風藻の研究』(1957・三省堂)』『小島憲之校注『日本古典文学大系69 懐風藻他』(1964・岩波書店)』『与謝野寛ほか編纂校訂『覆刻日本古典全集〔平安誌歌集1〕懐風藻』(1982・現代思潮社)』『横田健一編『日本書紀研究 第21冊』(1997・塙書房)』『江口孝夫全訳注『懐風藻』(2000・講談社学術文庫)』『学術文献刊行会編集『国文学年次別論文集 上代1』(2001・朋文出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「懐風藻」の解説

懐風藻
かいふうそう

奈良時代の漢詩集者未詳。1巻。天平勝宝3 (751) 年の冬に撰。日本最古の漢詩集。近江朝以来 80年間にわたる作者 64人の作品 120編を時代順に配列。作者は官人が中心で,五言詩が圧倒的に多い。詩題も侍宴や応詔,遊覧が中心となり,詩風は六朝から初唐の詩にならっている。詩句に中国の儒教老荘語句を用いているが,その思想を深く理解しているとは思われない。当時の知識人の精神生活を知る貴重な資料でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「懐風藻」の解説

かいふうそう クヮイフウサウ【懐風藻】

奈良時代の漢詩集。一巻。編者は、淡海三船、石上宅嗣、葛井広成など諸説あるが未詳。天平勝宝三年(七五一成立。近江朝(七世紀後半)以後約八〇年間の漢詩約一二〇首を作者別、年代順に配列したもの。六四人の作者のうち大部分は中・下級貴族だが、文武天皇大友皇子、川島皇子、大津皇子、藤原宇合などが代表的。先行中国漢詩文の影響が濃いが、日本最古の詩集として貴重。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「懐風藻」の解説

懐風藻
かいふうそう

奈良時代,現存最古の漢詩集
751年成立。1巻120編。撰者不詳。大津皇子・大友皇子など64人の詩を収録。『万葉集』と並ぶ奈良時代の二大文学作品であるが,『万葉集』が広範囲の作者を集めているのに対し,『風藻』は知識人層に限られる。中国六朝から初唐の詩の影響を強くうけた作品が多い。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「懐風藻」の解説

懐風藻【かいふうそう】

現存する日本最古の漢詩集。1巻。751年成立。選者淡海三船説その他があるが未詳。近江(おうみ)・奈良朝の漢詩120首をほぼ時代順に収録。作者は文武天皇大友皇子大津皇子以下,官吏,僧など64人。
→関連項目漢詩七夕伝説柘枝伝説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「懐風藻」の解説

かいふうそう〔クワイフウサウ〕【懐風藻】

奈良時代の漢詩集。1巻。淡海三船おうみのみふねの撰ともいうが、撰者未詳。天平勝宝3年(751)成立。近江おうみ朝以後、約80年間、64人の漢詩120編を年代順に集めた、日本最古の漢詩集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「懐風藻」の解説

かいふうそう【懐風藻】

現存する日本最初の漢詩集,1巻。751年(天平勝宝3)11月成立。書名は〈先哲の遺風を懐(おも)う詩集〉のをもつ。撰者はその序文に名を記さず,淡海三船(おうみのみふね)など数説にのぼり,最近白壁王(後の光仁天皇)説もあるが,未詳。冒頭に,の昭明太子編集の《文選(もんぜん)》の序などを参考にした序文を置き,日本の漢詩の歴史的展開を巧みに記し,さらに編集事情を述べる。詩数は近江奈良朝の詩120首。これを大友・河島・大津皇子以下ほぼ時代順に配列し,その64名の詩人は,文武天皇,諸王,官人,僧侶など多彩にわたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android