辛辣(読み)しんらつ

精選版 日本国語大辞典「辛辣」の解説

しん‐らつ【辛辣】

〘名〙 (形動)
① 味がきわめてからいこと。また、そのさま。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「御斎汁者、豆腐羹、羹、雪林菜」 〔酉陽雑俎‐巻一八〕
② 非常に手きびしいこと。また、そのさま。
※四河入海(17C前)二〇「民を治するに、辛辣に威を以てしてはわるかるべきぞと云て」
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉一「自分の神経を相当に刺戟し得る辛辣(シンラツ)な記事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「辛辣」の解説

しん‐らつ【辛辣】

[名・形動]《舌をひりひりさせるほどからい意から》言うことや他に与える批評の、きわめて手きびしいさま。「辛辣をきわめる」「辛辣な風刺漫画」
[派生]しんらつさ[名]
[類語]手厳しい痛烈シビア厳しいきつい厳格厳重厳酷厳正冷厳峻厳しゅんげん峻烈しゅんれつ苛酷かこくこく容赦ようしゃない仮借かしゃくない険しい鋭い激しいひどい手痛い手ひどいこっぴどいびしっと過激ラジカルすさまじい強烈猛烈激烈熾烈しれつ苛烈かれつ激甚急激激越矯激きょうげきドラスチックファナティック先鋭烈烈強いどぎついすごいものすごいはなはだしい桁外れ桁違い並外れ格段著しい強力強大無敵最強力強い手強い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「辛辣」の解説

【辛辣】しんらつ

甚だしくからい。〔酉陽雑俎、広動植、木胡椒國(まかだこく)に出づ。呼んで昧履(まいりし)と爲す。~形は椒に似たるも、至りて辛辣なり。

字通「辛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android