相沢 春洋(読み)アイザワ シュンヨウ

20世紀日本人名事典「相沢 春洋」の解説

相沢 春洋
アイザワ シュンヨウ

昭和期の書家,古筆研究者 日展参事。



生年
明治29(1896)年2月14日

没年
昭和38(1963)年11月23日

出生地
神奈川県

本名
相沢

別名
別号=二水生,研郷

学歴〔年〕
早稲田大学〔大正7年〕卒

経歴
書を小野鵞堂の流れをくむ中村春堂に学び、また山口蕙石に師事、上代様仮名書きで一家をなした。一方、古筆を田中親美に学び、「書道」「書品」誌などに論文を発表。泰東書道院理事、審査員を努め、戦後は日本書道美術院総務、審査員、日展参事、審査員などで活躍した。また二水会を主宰、かたわら宇都宮大学で書学、書技を指導した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android