異種(読み)いしゅ

精選版 日本国語大辞典「異種」の解説

い‐しゅ【異種】

〘名〙 種類がちがっていること。異なった種類、種族。かわりだね。⇔同種
和蘭字彙(1855‐58)「onvermengd 〈〉異種ノ交ラズニ居ル」 〔後漢書‐祭彤伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異種」の解説

い‐しゅ【異種】

違った種類。
[類語]異質別種別個別別別様べつよう別口べつくち別枠別途別建て個別個個各個似て非なり似ても似つかない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android