別種(読み)べっしゅ

精選版 日本国語大辞典「別種」の解説

べっ‐しゅ【別種】

〘名〙
① 別の種子
② 別の種類。それとは違った他の種類。
※花譜(1698)中「白芨〈略〉又一種、蕙といふあり。紫蘭と一類別種なり」 〔旧唐書‐南蛮伝・南詔

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「別種」の解説

べっ‐しゅ【別種】

別の種類。ほかの種類。
[類語]異種異質別個別別別様べつよう別口べつくち別枠別途別建て個別個個各個似て非なり似ても似つかない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android