梳綿(読み)そめん

精選版 日本国語大辞典「梳綿」の解説

そ‐めん【梳綿】

〘名〙 紡績工程で、繊維のもつれを一本ずつに分離し、短繊維および不純物を除き、繊維を平行状態にそろえ、これを集合してスライバー状にすること。梳解(そかい)カーディング
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉四「梳綿は概ね男工にして混綿打綿は男女共に従事し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「梳綿」の解説

そ‐めん【×梳綿】

紡績工程で、混綿・開綿・打綿の工程を経た綿の繊維をさらに開き、細かいごみや短い繊維を除いて、太いひも状の繊維のにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梳綿の言及

【紡績】より

…不純物の除去も兼ねる。(3)カーディングcarding(梳綿) 繊維を鋸歯状のメタリックワイヤを巻きつけた大きなシリンダー表面に乗せ,その上にセットされたローラー表面の鋸歯状の刃先,またはキャタピラー状に連結された板に固定した針布の針先との間でくしけずり,繊維1本1本に分離しながら平行に伸ばす。シリンダー表面に浮いた短繊維は上方の歯先に移り,雑物も遠心力で上方に移りやすい(〈カード〉の項参照)。…

※「梳綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android