断行(読み)だんこう

精選版 日本国語大辞典 「断行」の意味・読み・例文・類語

だん‐こう ‥カウ【断行】

〘名〙
① 悪条件や反対などを押し切って実行すること。決断してきっぱりと行なうこと。決行
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「それじゃアいよいよ。断行(ダンカウ)断行(ダンカウ)」 〔史記‐李斯伝〕
② 列がきれぎれになること。〔庾信‐奉和趙王喜雨詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「断行」の意味・読み・例文・類語

だん‐こう〔‐カウ〕【断行】

[名](スル)困難や反対を押しきって強い態度で実行すること。「機構改革を断行する」
[類語]決行敢行強行行う実行実践行動躬行きゅうこう励行履行実施施行しこう執行遂行挙行再挙執り行う手を下す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「断行」の読み・字形・画数・意味

【断行】だんこう

敢行。

字通「断」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android