労苦(読み)ろうく

精選版 日本国語大辞典「労苦」の解説

ろう‐く ラウ‥【労苦】

〘名〙 からだや心が、疲れたり苦しい思いをしたりすること。骨折ったり心配したりすること。苦労
※田氏家集(892頃)上・晩秋陪右丞相開府賜飲、于時美作献白鹿「苦挟州境遠、来呈上瑞聖君膺」
※史記抄(1477)一五「吏卒ともの労苦せるにたへとをせられたれは」 〔詩経‐邶風・凱風〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「労苦」の解説

ろう‐く〔ラウ‐〕【労苦】

[名](スル)心身が疲れ苦しい思いをすること。苦労すること。「労苦に報いる」
「隣の下駄職の―する光景さまも見える」〈藤村
[類語]苦労ひと苦労辛酸艱難辛苦骨折りろう苦心腐心辛労心労煩労艱苦かんく苦難

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「労苦」の解説

【労苦】ろう(らう)く

苦労。苦しめる。〔韓非子、亡徴大臣し、に禮無く、百姓を勞し、不辜(ふこ)(罪無き者)を戮(さつりく)するは、ぶべきなり。

字通「労」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android