公称(読み)こうしょう

精選版 日本国語大辞典 「公称」の意味・読み・例文・類語

こう‐しょう【公称】

〘名〙
① (━する) おもてむきにとなえること。一般に発表されていること。公表。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉四「何人も必ず共通す可き無偏無党の中和を、自家特得の発見物なるが如くに公称したるは何ぞや」
おおやけ名称。名義。
※内務省達乙第五七号‐明治一一年(1878)九月九日・三条「邸内社堂並掛所道場引直及寺号公称等は総て第一条の手続に従ひ願出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「公称」の意味・読み・例文・類語

こう‐しょう【公称】

[名](スル)
一般に発表されていること。表向きにいわれていること。「公称部数六〇万部の雑誌」「参加者三万人と公称する」
おおやけの名称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android