ソーラン節(読み)そーらんぶし

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソーラン節」の解説

ソーラン節
そーらんぶし

北海道の日本海沿岸部の民謡。同地方でニシンに従事する「ヤン衆」たちによって、枠の中に入ったニシンを、直径三尺(約90センチメートル)ほど、柄の長さ一丈(約3メートル)余りの大たも網を3、4人で用いてすくいあげるおりの沖揚げ作業の仕事唄(うた)として歌われてきたもの。その源流は、青森県旧南部領沿岸部の「荷上げ木遣(きやり)」である。それがハタハタ漁などに用いられているうち、1850年(嘉永3)佐藤伊三右衛門が、ハタハタ漁に使用する建網(たてあみ)漁法を歌棄(うたすつ)(北海道寿都(すっつ)町)や磯谷(いそや)(北海道蘭越(らんこし)町)のニシン漁場へ持ち込んだとき、この唄もともに伝えられ、沖揚げ作業に用いられるようになった。その『ソーラン節』が1935年(昭和10)ごろ札幌の今井篁山(こうざん)によって伴奏がつけられると、北海道を代表する唄になった。

[竹内 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ソーラン節」の解説

ソーラン節【ソーランぶし】

北海道の代表的民謡。ニシンを定置網からたも網ですくいあげる時に歌われたので《沖揚音頭》ともいう。曲名掛け声から出たもの。力強い美しさをもつ。ニシン漁ではこのほか船出,網起し,切声の音頭も歌われた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ソーラン節」の解説

そうらん‐ぶし【ソーラン節】

北海道の民謡。もと、ニシンの漁場での仕事歌。「ソーランソーラン」という囃子詞はやしことばからの命名沖揚げ音頭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソーラン節」の解説

ソーラン節
ソーランぶし

沖揚音頭ともいう。北海道のニシン漁で歌われた力強い民謡。網に入ったニシンを水揚げして,船倉に運びながら歌う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ソーラン節」の解説

ソーランぶし【ソーラン節】

北海道を代表する民謡の一つ。ニシン()漁で歌われる労作歌で,初めに〈ヤーレンソーランソーラン……〉と歌い出すところから名がつけられた。ニシン漁はその作業によって〈船漕ぎ音頭〉〈網起し音頭〉〈沖揚げ音頭〉などが歌われるが,この歌は〈沖揚げ音頭〉である。とったニシンを汲(くみ)船(運搬船)に移す作業を〈沖揚げ〉といい,この時に歌われるのが《ソーラン節》で,〈ヤーレソラソーラ〉と漁師たちを力づけ,囃したてる言葉とみてよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のソーラン節の言及

【ニシン(鰊∥鯡∥春告魚)】より

…通常,夜に行われ,建網に魚群が入ると,起し船の船玄に一列に並んだ漁夫13人ほどが元船のほうへ網を手繰り寄せ,枠船にニシンを落とし込み,その後枠船から汲み船へニシンをたも網で移し,陸岸に運ぶ。網の手繰りや汲み船へのニシンの移転の際,拍子を取って歌われる作業歌が《網起し音頭》や《ソーラン節》である。松前藩では当初,ニシン漁業には刺網以外の網の使用を禁止していたが,西蝦夷地の一般小漁民による安政の建網切騒動の後,建網漁が公許され,従来の4~5倍の漁獲がなされるようになった。…

※「ソーラン節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android