セム

精選版 日本国語大辞典「セム」の解説

セム

(Sem) 旧約聖書「創世紀」中の人物。ノアの三人の息子の一人。アッシリア人、ヘブライ人、アラビア人などのとして、セム語族名称に採用された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「セム」の解説

セム(Sem)

旧約聖書に登場する人物。ノアの長子で、ハムヤペテ。ヘブライ人・アラム人・アラビア人などセム族の祖とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセムの言及

【チセ】より

…アイヌの住居。北海道アイヌのごく普通のチセは3間×4間,あるいは2間×3間の1室作りで,入口が風や雪に直接さらされるのを防ぐために,小さな土間の前室セムsemを設ける。屋根,壁とも茅(かや)で葺く。…

※「セム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android