セム族(読み)セムゾク

デジタル大辞泉「セム族」の解説

セム‐ぞく【セム族】

Semite》西アジア・アラビア半島・北アフリカなどに分布し、セム語系の言語を用いる諸民族総称アラブ人エチオピア人・ユダヤ人などのほか、古代のアッシリア人・フェニキア人などが含まれる。ユダヤ教キリスト教イスラム教を生んだ。→セム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「セム族」の解説

セム‐ぞく【セム族】

〘名〙 西アジア・アラビア半島・アフリカ北東部に住み、セム語系の言語を用いる民族の総称。黒色波状毛、黄褐色皮膚直状をもつ。アラビア人、エチオピア人、ユダヤ人や歴史上活躍したアッシリア、バビロニアフェニキア人などを含む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android