ザゼンソウ(読み)ざぜんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)「ザゼンソウ」の解説

ザゼンソウ
ざぜんそう / 坐禅草
[学] Symplocarpus renifolius Schott ex Tzvelev
Symplocarpus foetidus Nutt. var. latissimus (Makino) Hara

サトイモ科(APG分類:サトイモ科)の多年草。地下に太い根茎があり、全草に悪臭がある。葉は根生し、長柄があり、葉身は円心形で大きく、成熟時には径40センチメートルに達する。花序は楕円(だえん)の肉穂花序をなし、長さ2センチメートル、舟形の厚い仏炎包(ぶつえんほう)に包まれる。花は両性で、4枚の花被片と4本の雄しべ、1本の雌しべからなり、密集してつく。仏炎包は3~5月、葉が出る前に展開し、成熟時には長さ20センチメートル、径13センチメートルに達し、内側は呼吸熱により、外気温より著しく高温に保たれる。種子は果皮に包まれず、スポンジ状の花軸の中に埋まる。水湿地に生え、中部地方以北の本州、北海道、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)、ウスリー、アムールに分布。名は、花序のようすが坐禅をしている状態を思わせるのでいう。

[邑田 仁 2022年1月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ザゼンソウ」の解説

ザゼンソウ

本州,北海道,アジア北東部の湿地にはえるサトイモ科の多年草。全体に不快な臭気がある。根茎は太く,葉は根出し,卵状心臓形で,長さ20〜30cm。4〜5月,紫褐色の卵形の仏炎包の中に,楕円形の肉穂花序をつける。花は両性。花被片4個,おしべ4本,めしべ1本。花序と仏炎包の形が,座禅をしているように見え,この名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android