おしべ

百科事典マイペディア「おしべ」の解説

おしべ

種子植物の花の一部で,花弁の内側に生ずる雄性生殖器官。〈ゆうずい〉とも。花粉を入れる(やく)とそれを支える花糸とからなり,中に1本の維管束があるものが多い。シャクヤクなどで,花弁状のものに葯がつくことから,葉の変形したものと考えられている。原始的な被子植物では多数のおしべがらせん配列をするが,多くのものでは,おしべの数は花弁の数と同数かその倍数。→めしべ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「おしべ」の解説

おしべ
stamen

雄ずい () ともいう。種子植物の雄性生殖器官であって,長い花糸の先に花粉を含む葯 (やく) をつけた構造が,典型的なものである。おしべも花の他の構造と同じく,葉の変形とみなしうる。おしべの数は,他の指標とともに植物の分類で重要な特徴の一つとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android