グラナ(英語表記)grana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グラナ」の解説

グラナ
grana

葉緑体中にみられるコインを重ねたような緑色構造体。葉緑体内には全体にわたって,ラメラと称する膜から成る扁平な袋状構造 (チラコイド) が発達しているが,直径の小さいチラコイド円盤が何層も積重なったものが,グラナである。光合成の明反応は,グラナを含めてのチラコイド膜上で進行する。なおこの構造の単位をなす小胞の英語名単数形は granumであるが,複数形のみが慣用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「グラナ」の解説

グラナ

〘名〙 (grana) 植物の葉緑体中に含まれる、緑色で円状の微小な構造体。葉緑素蛋白質脂質から成り、光合成の行なわれる主要な場所と考えられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「グラナ」の解説

グラナ(grana)

高等植物葉緑体中に含まれる円板状の構造体。クロロフィルを含み、層状をなす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグラナの言及

【葉緑体】より

… 包膜は内膜,外膜の2枚の膜から成り,それぞれイオンや種々の物質に対して選択的透過性をもっている(図2)。 チラコイドは扁平な袋で,成熟した葉緑体では葉緑体の長軸に平行に配向し,チラコイドが折りたたまれ,あるいは小型のチラコイドがコインを積み重ねたような状態になったもの(グラナgranaまたはグラナスタックgrana stack)が,大きなチラコイドの間にはさまっている(図3)。グラナを構成するチラコイドをグラナチラコイド,これをつないでいるチラコイドをストロマチラコイドまたはグラナ間チラコイドという。…

※「グラナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android