ギゼンガ(読み)ぎぜんが(英語表記)Antoine Gizenga

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ギゼンガ」の意味・わかりやすい解説

ギゼンガ
ぎぜんが
Antoine Gizenga
(1925― )

コンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)の政治家。教員生活ののち政界に入り、1960年のコンゴ共和国(のちザイール共和国、現在のコンゴ民主共和国)の独立とともに副首相に就任したが、カサブブ大統領と対立したルムンバ首相が逮捕されると、ルムンバ派の勢力を結集し、1960年12月にスタンリービルに中央政府を樹立する旨を宣言し(スタンリービル政権)、カサブブのレオポルドビル政権と対立。1961年8月アドゥラ首相の挙国一致内閣が成立するとその副首相に就任したが、その後もチョンベ政権時代からモブツ政権時代を通じてルムンバ派の指導者としての立場から政府と対立を繰り返し、再三にわたり逮捕された。1966年に国外に脱出し、以後も反体制運動を展開した。1990年代に入って帰国したが、その後も統一ルムンバ党(PALU)の党首として政治活動を続けた。2006年12月ジョセフ・カビラ大統領就任に伴い首相となり、政権の中心にいたが、政府軍改革に失敗し、2008年に辞任した。

[小田英郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android