キプチャク・ハーン国(読み)キプチャクハーンこく

百科事典マイペディア 「キプチャク・ハーン国」の意味・わかりやすい解説

キプチャク・ハーン国【キプチャクハーンこく】

欽察汗国,金帳汗国とも。南ロシアのモンゴル王朝。始祖チンギス・ハーンの長子ジュチ。その子バトゥがロシア遠征後,ボルガ川流域のサライを首都として建国。版図は,東はイルティシ川流域から西はドニエストル川,南はカフカスシル・ダリヤ川中流域に及んだ。250年にわたってロシア人を支配(ロシア史上〈タタールのくびき〉と呼ぶ)。1502年モスクワ大公国に滅ぼされた。→モンゴル帝国
→関連項目イワン・カリタウズベク[人]四ハーン国ホラズムロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

旅券返納命令

外務大臣や領事官が旅券(パスポート)を返納させる必要があると認めたとき、旅券の名義人に対し、期限を設けて旅券の返納を命ずることができる規則。申請時に虚偽の記載があったときや旅券の記載事項の訂正をした場...

旅券返納命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android