ウロコムシ(鱗虫)(読み)ウロコムシ(英語表記)scale‐worm

世界大百科事典 第2版「ウロコムシ(鱗虫)」の解説

ウロコムシ【ウロコムシ(鱗虫) scale‐worm】

多毛綱ウロコムシ科Polynoidaeに属する環形動物の総称広義にはホガタウロコムシ科,ノラリウロコムシ科,コガネウロコムシ科をも含めることがある。 ウロコムシ科の大部分は潮間帯の石の下や海藻の根部の間などにすんでいるが,ヒトデ類,ウニ類やウミユリ類の体の表面に付着して共生するものや,フサゴカイの棲管(せいかん)の中で共生するものもある。背体の背面両側に対になって背鱗が屋根瓦のように隔節に並ぶ。ウロコムシの名もこれによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android