背面(読み)はいめん

精選版 日本国語大辞典「背面」の解説

はい‐めん【背面】

〘名〙
① (━する) うしろを向くこと。うしろむき。
※四河入海(17C前)一一「さる程に周昉が画ける面の美人の、うしろむいて、傷春」 〔蘇軾‐続麗人行序〕
② 物のうしろ側。うしろの方角。背後。後方。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一二「海軍は春日陽春の二艦を函館の背面に向はせ」
③ ある物事の裏に隠されている別の面。
※二人の友(1915)〈森鴎外〉「此背面(ハイメン)には、さうばかりは行かぬと云ふ意味がある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「背面」の解説

そとも【面/外面】

《「おも」の音変化》
後ろの方。また、そとがわ。そと。
「暇を告て、堂の―に出行きたり」〈竜渓経国美談
山の日の当たる方から見て後ろになる側。北側。⇔影面かげとも
「我が大君のきこしめす―の国の」〈・一九九〉

はい‐めん【背面】

後ろの方。後ろの側。「敵の背面を突く」
物事の裏に隠されている別の面。「事件の背面を暴く」
[類語]あと後方しりえ背中後背こうはい後面背部後部バック後ろ裏面背後裏手裏側搦め手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「背面」の解説

【背面】はいめん

をそむける。

字通「背」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android