アルチンボルド(読み)あるちんぼるど(英語表記)Giuseppe Arcimboldo

日本大百科全書(ニッポニカ)「アルチンボルド」の解説

アルチンボルド
あるちんぼるど
Giuseppe Arcimboldo
(1527ころ―1593)

イタリア画家ミラノに生まれ、同地でした。初めは父ビアジオとともにミラノ大聖堂ステンドグラスの下絵職人として働いた。1562年プラハに赴き、フェルディナント1世マクシミリアン2世ルドルフ2世の3代に仕える宮廷画家として、1587年まで滞在し、1592年には伯爵位を贈られた。約20点の油彩画と多数の素描が残っているが、とくに動物や植物を組み合わせて人の頭部をかたどった怪奇な幻想画『』『』『』『』などで有名である(ウィーン美術史博物館)。従来、俗悪な趣味の画家として無視されていたが、シュルレアリスムの隆盛とともに再評価されるようになった。

[篠塚二三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アルチンボルド」の解説

アルチンボルド
Arcimboldo, Giuseppe

[生]1527/1530. ミラノ
[没]1593.7.11. ミラノ
イタリアの画家。初めミラノ大聖堂のステンドグラスの図案を制 (1549~58) ,1562年プラハへ移り 87年までハプスブルク家のルドルフ2世の宮廷画家として仕え伯爵に叙せられた。四季を象徴する植物,果実また動物や魚類四大元素を組合せて幻想的な人間像を表現して,ダリなどの 20世紀画家に影響を与え,今日シュルレアリスム始祖のようにいわれている。作品は『四季』 (ウィーン美術史美術館) の連作など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「アルチンボルド」の解説

アルチンボルド

イタリアの画家。ミラノ生れ。オーストリアでハプスブルク家のフェルディナント1世,ルドルフ2世の宮廷画家となる。マニエリスムの画家の中でもきわめて特異な地位を占める。代表作《冬》(1563年,ウィーン美術史美術館蔵)や《水》(1566年,同館蔵)にみられるように,主題ごとに花,果実,動物等を寄木細工のように集めて人物像(頭部または全身)にまとめあげた作品が多く,20世紀に入りその怪奇性,幻想性からシュルレアリスム先駆として評価された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「アルチンボルド」の解説

アルチンボルド(Giuseppe Arcimboldo)

[1527ごろ~1593]イタリアの画家。ミラノ大聖堂のステンドグラス下絵職人を務めたのち、宮廷画家として長く活躍物品動植物を組み合わせて描く寄せ絵肖像画で知られる。作「四季」「四大元素」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「アルチンボルド」の解説

アルチンボルド【Giuseppe Arcimboldo(Arcimboldi)】

1527か30‐93
イタリアの画家。ミラノ生れ。1549‐58年ミラノ大聖堂でファサード修復従事。62年ハプスブルク家のフェルディナント1世に招かれ,次いでマクシミリアン2世,ルドルフ2世に仕えてウィーンとプラハで宮廷画家をつとめた後,87年帰郷。果物,野菜,魚,動物,日常の道具などを用いて合成したファンタスティックな人物頭部像を特色とする。これは皇帝の宮廷人たちの戯画として大いに喜ばれた。彼の作品はマニエリスム的な奇想典型である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android