7号御料車(読み)ななごうごりょうしゃ

事典 日本の地域遺産「7号御料車」の解説

7号御料車

(埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47 鉄道博物館)
鉄道記念物」指定の地域遺産。
1914(大正3)年に当時の新橋工場で大正天皇貞明皇后の御同乗用車として製作された。御座所は格天井、丸柱や引き戸には螺鈿高蒔絵など、車内各所に工芸技術の粋が尽くされている。御座所は中央、前方に候所や御剣璽奉安室など、後方に女官室、御化粧室兼休憩室などがあった

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android