邪教(読み)じゃきょう

精選版 日本国語大辞典「邪教」の解説

じゃ‐きょう ‥ケウ【邪教】

〘名〙 誤った義を持ち、世に害毒を流す宗教。多くはその宗教に反対する立場の人が用いる語。邪宗
※日蓮遺文‐立正安国論(1260)「人之在世各恐後生。是以或信或貴謗法

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「邪教」の解説

じゃ‐きょう〔‐ケウ〕【邪教】

誤った教えを説き、人を悪へ導く宗教。邪宗。
[類語]異教邪宗邪法外道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「邪教」の解説

【邪教】じやきよう(けう)

邪悪な教え。〔漢学師承記、四、洪亮吉〕時に匪(けうひ)(白蓮教の乱匪)充斥す。題してと爲す。君、時事を指陳し、直書して隱(い)む無し。師友のに在りて時事を論じ、扼腕息す。皆以て狂と爲す。~乃ち引疾して歸る。

字通「邪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の邪教の言及

【淫祠邪教】より

…淫祠のなかには,たとえば南朝の項羽神のように,広範な民衆の信仰を得たために,陳の時代には国家に享祀されたという場合もあるが,多くは国家や地方官の禁圧に遭い,盛衰を繰り返した。 また南北朝・隋・唐時代には,仏教がしばしば邪教とみなされ,淫祠と同様,国家の禁圧の対象となることがあった。三武一宗の法難といわれる,北魏の太武帝,北周の武帝,唐の武宗,五代後周の世宗による廃仏事件がそれである。…

※「邪教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android