足を付ける(読み)あしをつける

精選版 日本国語大辞典「足を付ける」の解説

あし【足】 を 付(つ)ける

① 尾行する。また、失踪者の行先を捜索する。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)大詰「風祭から足を附、爰迠うぬを送り狼」
② 手がかりをつける。引っかかりをつける。関係をもつ。
※黄表紙・間似合嘘言曾我(1785)「わが客にして足(アシ)をつけんと花川味に色目をつかふ」
③ 女性が、えり足の髪を二本足、または三本足の形に上へ剃り上げる。
※洒落本・意気客初心(1836)髪剃「三世相に曰く髪剃の前生は雪踏の金にてありしゆへ其縁により頬(つら)の皮にあたり又首筋に足(アシ)を付(ツケ)るといふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「足を付ける」の解説

あし・ける

手がかりやきっかけを作る。
饅頭まんぢゅう一つ、隣さじきの子供にやる。これにて―・けて酒を飲まうといふ下ごころなり」〈膝栗毛・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android