緩下剤

栄養・生化学辞典「緩下剤」の解説

緩下剤

 数グラム程度を投与すると軟便となり排便回数が増加する薬剤の動きを高める作用をする.ジフェニルメタン系の薬剤やフェノールフタレインの誘導体,ひまし油など.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「緩下剤」の解説

かん‐げざい クヮン‥【緩下剤】

〘名〙 おだやかに作用する下剤。内服して腸の内容物をかゆ状に軟らかくし、たびたび排泄(はいせつ)させる。〔モダン化粧室(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緩下剤」の解説

かん‐げざい〔クワン‐〕【緩下剤】

比較的作用のやかな下剤。→峻下剤しゅんげざい
[類語]下剤下し薬峻下剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の緩下剤の言及

【下剤】より

…瀉下(しやげ)薬ともいう。その作用の強さから緩下剤と峻下剤に,作用部位から小腸性下剤と大腸性下剤に分けられる。小腸性下剤は服用2~3時間後に排便が起こる。…

※「緩下剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android