薬剤(読み)やくざい

精選版 日本国語大辞典「薬剤」の解説

やく‐ざい【薬剤】

〘名〙 薬。薬品。薬物。使用目的に合わせて薬効を最大に発揮できるように、性状や形態を整えたもの。
※新札往来(1367)下「新渡薬済、少々感得候」
(1911)〈徳田秋声〉二九「白屈菜を或薬剤の大家に製薬させて服んでゐたが」 〔史記‐孝武本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「薬剤」の解説

やく‐ざい【薬剤】

薬品。薬物。くすり。特に、使用目的に合わせて薬物を調製したもの。「害虫駆除のため薬剤を散布する」
[類語]薬品薬物医薬薬餌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「薬剤」の解説

薬剤

薬物」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android