筆致(読み)ひっち

精選版 日本国語大辞典「筆致」の解説

ひっ‐ち【筆致】

〘名〙 (「致」はおもむきの意) 絵や文字などのづかいのおもむき。また、文章の書きぶり。筆つき。
※「破戒」評(1906)〈島村抱月〉「耳で聞く者をば眼で見せやう、眼で見るものをば鼻で嗅がせやうといふ筆致である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「筆致」の解説

ひっ‐ち【筆致】

書画や文章の書きぶり。筆のおもむき。筆つき。「軽妙筆致
[類語]書体書風筆跡手跡墨跡筆の跡水茎の跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「筆致」の解説

【筆致】ひつち

筆づかいの趣。

字通「筆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android