穂に出ず(読み)ほにいず

精選版 日本国語大辞典「穂に出ず」の解説

ほ【穂】 に 出(い)

となってぬき出る。穂先に実を結ぶ。
万葉(8C後)八・一六〇一「めづらしき君が家なるはなすすき穂出(ほにいづる)秋の過ぐらく惜しも」
② 外に現われ出る。人目につくようになる。表面に出る。穂に現われる。
※万葉(8C後)九・一七六八「石上(いそのかみ)ふるのわさ田の穂爾波不(ほニハいでず)心の中に恋ふるこのころ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「穂に出ず」の解説

・ず

穂先に実を結ぶ。
「―・でたる田を、人多く見さわぐは、稲刈るなりけり」〈・二二七〉
外に現れ出て、人目につくようになる。
「―・でぬもの思ふらししのすすき招くたもとの露しげくして」〈・宿木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android