梳毛(読み)そもう

精選版 日本国語大辞典「梳毛」の解説

そ‐もう【梳毛】

〘名〙 羊毛などの獣毛を処理して鋼鉄製の針でくしけずり、短繊維を除き、長繊維だけを直線状に平行にそろえること。また、そのようにした毛。
※カポク繊維(1943)〈森田喜三郎〉「混合する異種原料により絹紡、綿紡、紡毛、梳毛等各種の紡機により試紡せられてゐるものであるが」

すき‐げ【梳毛】

〘名〙 髪の形を整えるために、前髪や(たぼ)に入れる毛。また、梳櫛(すきぐし)にはさんで、髪を梳くのに用いる毛。
の実(1913)〈鈴木三重吉〉九「駅の近くの通りまで、束髪へ入れるすき毛を買ひになぞ出て行った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「梳毛」の解説

梳毛【そもう】

洗毛後の比較的繊維の長い羊毛を,くしけずって平行に引きそろえ,短繊維や不純物を除去すること。また毛皮なめしのあとの仕上げに毛をすきそろえることも梳毛という。
→関連項目梳毛織物梳毛紡績紡毛紡績

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「梳毛」の解説

そ‐もう【×梳毛】

羊毛繊維をくしけずって短いものを取り除き、長い繊維を平行にそろえること。また、その長い繊維。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梳毛の言及

【毛糸】より

毛織物のための織糸,工業的に機械生産するための糸,手編み用の手編糸があり,ここでは通例にしたがって手編糸のことを毛糸と呼ぶ。紡績上の違いから繊維の長い梳毛(そもう)糸と,繊維の短い紡毛(ぼうもう)糸に分けられ,手編糸は一般に梳毛糸が用いられる。毛糸を太さで分類すると,極太毛糸,並太毛糸,中細毛糸,合細毛糸(以上は4本撚糸),極細毛糸,特細毛糸,超特細毛糸(以上は2本撚糸)に分けられる。…

※「梳毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android