梗概(読み)こうがい

精選版 日本国語大辞典 「梗概」の意味・読み・例文・類語

こう‐がい カウ‥【梗概】

〘名〙 (「梗」も「概」も、おおむねの意) あらまし。あらすじ。大略。大要
※三教指帰(797頃)上「尽涸拙蠡。陳摂心之梗概
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉三四「彼のために又其講演の梗概を繰り返した」 〔左思‐呉都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「梗概」の意味・読み・例文・類語

こう‐がい〔カウ‐〕【梗概】

物語などのあらすじ。あらまし。大略。「戯曲の梗概を話す」
[類語]要旨大意要約摘要レジュメダイジェスト論旨概要概略大要あらまし大筋概括粗筋大略大概大綱概況大枠あらかた輪郭アウトライン縮図抄録提要

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「梗概」の読み・字形・画数・意味

【梗概】こう(かう)がい

あらまし。〔貞観政要、論礼楽〕樂の容は、止(た)だ其の梗を陳ぶることを得るのみ。(も)し委曲之れを寫さば、則ち其のり易し。

字通「梗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android