感謝(読み)かんしゃ

精選版 日本国語大辞典「感謝」の解説

かん‐しゃ【感謝】

〘名〙 ありがたいと感じてを述べること。また、ありがたいと感ずる気持
太平記(14C後)一〇「入道斜めならず感謝(カンシャ)して」 〔南史‐庾登之伝〕
[語誌]中世近世辞書、節用集類には見出すことはできず一般に定着したのは明治時代に入ってからと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「感謝」の解説

かん‐しゃ【感謝】

[名](スル)ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。「感謝の心」「深く感謝する」
[類語]拝謝深謝万謝謝意謝恩多謝感佩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「感謝」の解説

【感謝】かんしや

礼をいう。

字通「感」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android