徳島ヴォルティス(読み)とくしまゔぉるてぃす(英語表記)TOKUSHIMA VORTIS

知恵蔵mini 「徳島ヴォルティス」の解説

徳島ヴォルティス

徳島県全域をホームタウンとするJリーグ加盟のプロサッカークラブ。ホームスタジアムは鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム。チームカラーはブルー。チーム名はイタリア語の「Vortice」(渦の意)をもとにした造語で、鳴門の渦潮にちなんで名付けられた。前身は1955年創設の大塚製薬サッカー部。2005年、チーム名を現名称に改めてJリーグに入会し、J2に参加。初年度から下位に低迷するが、09年にJ1セレッソ大阪から現日本代表の柿谷曜一朗レンタル移籍(12年にセレッソ大阪へ復帰)で獲得して以降、成績が上昇。小林伸二監督体制の13年には来季のJ1昇格を懸けたプレーオフを勝ち抜き、四国勢初、クラブ史上初のJ1昇格を決めた。

(2013-12-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉 「徳島ヴォルティス」の意味・読み・例文・類語

とくしま‐ヴォルティス【徳島ヴォルティス】

日本プロサッカーリーグのクラブチームの一。ホームタウンは鳴門市ほか5市4町を中心とする徳島全県。昭和30年(1955)、大塚製薬サッカー部として設立。平成17年(2005)に現名称に改め、Jリーグに参加した。
[補説]「ヴォルティス」はイタリア語で渦を意味する言葉からの造語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「徳島ヴォルティス」の解説

徳島ヴォルティス

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。2005年に加盟。徳島県を活動区域とする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android