小塩山(読み)おしおやま

精選版 日本国語大辞典「小塩山」の解説

おしお‐やま をしほ‥【小塩山】

[一] (「おしおのやま」とも) 京都市西京区大原野にある大原山の別名歌枕
古今(905‐914)雑上・八七一「大原やをしほの山もけふこそは神世のことも思ひいづらめ〈在原業平〉」
[二] (置塩山) 兵庫県飾磨(しかま)郡夢前(ゆめさき)町、夢前川の東畔にある山。赤松氏居城があった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小塩山」の解説

おしお‐やま〔をしほ‐〕【小塩山】

京都市西京区大原野にある山。岩塩を産したと伝えられる。大原山。[歌枕]
「暮れてゆく秋の名残を―鹿も今宵や鳴きあかすらん」〈続千載・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android