宇曽利山湖(読み)うそりやまこ

日本大百科全書(ニッポニカ)「宇曽利山湖」の解説

宇曽利山湖
うそりやまこ

青森県北東部、下北半島恐山(おそれざん)のカルデラ内部に形成された火口原。湖を囲んで屏風(びょうぶ)山、北国山、障子山、小尽(こづくし)山、大尽(おおづくし)山、円(まる)山などの峰が連なっている。湖の周囲約5キロメートル、最大深度15.8メートル、湖面は青緑色を呈し、強酸性の鉱泉質であるが、ウグイが生息していることで知られる。

[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「宇曽利山湖」の解説

うそりやま‐こ【宇曽利山湖】

青森県北部、下北半島恐山にある湖。面積2.5平方キロメートル。宇曽利湖。恐山湖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源「宇曽利山湖」の解説

宇曽利山湖

(青森県むつ市)
日本の重要湿地500指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android