塚本 重頼(読み)ツカモト シゲヨリ

20世紀日本人名事典「塚本 重頼」の解説

塚本 重頼
ツカモト シゲヨリ

昭和期の弁護士 元・最高裁判事;中央大学名誉教授。



生年
大正2(1913)年7月24日

没年
平成4(1992)年4月10日

出生地
岐阜

学歴〔年〕
中央大学法学部〔昭和11年〕

学位〔年〕
法学博士〔昭和31年〕

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和45年〕

経歴
昭和14年判事となり、千葉・岐阜・東京の刑事民事各地裁判事を歴任。20年東京地裁判事を最後に裁判官を退官、22年弁護士となり、26年より中央大学教授もつとめた。この間、昭和電工事件(23年)、造船疑獄(29年)、陸運疑獄(29年)、大阪タクシー汚職(42年)の弁護人をつとめる。54年中央労働基準審議会会長を退任し、最高裁判事に就任。56年病気のため退官し、塚本・堤法律事務所を開業。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「塚本 重頼」の解説

塚本 重頼 (つかもと しげより)

生年月日:1913年7月24日
昭和時代の弁護士;裁判官。中央労働基準審議会会長;中央大学教授
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android