モットラム石(データノート)(読み)もっとらむせきでーたのーと

日本大百科全書(ニッポニカ) の解説

モットラム石(データノート)
もっとらむせきでーたのーと

モットラム石
 英名    mottramite
 化学式   PbCu[OH|VO4]
 少量成分  P,Cr,Zn,Fe,Mn
 結晶系   斜方(直方
 硬度    3~3.5
 比重    6.19
 色     帯灰草緑、オリーブ緑、黄緑、黒褐、ほとんど黒色
 光沢    結晶したものは脂肪光沢。皮膜状のものは土状
 条痕    帯褐黄緑。さまざまな色の中間色を含めて、多様性のある色調変化を呈する
 劈開    無
       (「劈開」の項目を参照)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android