ムナ島(読み)ムナとう(英語表記)Pulau Muna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムナ島」の解説

ムナ島
ムナとう
Pulau Muna

インドネシアスラウェシ (セレベス) 島南東部の半島先端にティオロ海峡をへだてて連なる島。スラウェシトゥンガラ州に属する。東方にはブトゥン海峡をはさんでブトゥン島がある。比較的新しいサンゴ島で,カルスト地形が発達。北部と北東部にチーク森林がある。人口はまばらで,農業が主産業。面積 2800km2。人口 17万 4057 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android