ムクホ(墨湖)洞(読み)ムクホ(英語表記)Mukho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ムクホ(墨湖)洞」の解説

ムクホ(墨湖)〔洞〕
ムクホ
Mukho

韓国,カンウォン (江原) 道の東部,トンヘ (東海) 市の北東部にある港町。 1949年開港し,道で唯一の貿易港である。 36年以来,背後のテベク (太白) 山脈でチャンソン (長省) 炭鉱,トゲ (道渓) 炭鉱が開発されたために,無煙炭の積出港として発達した。また南に接するサムチョク,プクピョン (北坪) 一帯の工業化が進むと,その門戸ともなった。沖合いはイカの好漁場で,漁港としても重要である。ミョンジュ (溟州) に属していたが,80年プクピョン邑と合併してトンヘ市となった。ヨンドン (嶺東) 鉄道が通じる。人口1万 5393 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android