フルオロホルム

化学辞典 第2版 「フルオロホルム」の解説

フルオロホルム
フルオロホルム
fluoroform

trifluoromethane.CHF3(70.01).フレオン23ともいう.クロロホルム,三フッ化アンチモン,フッ化水素加圧・加熱すると得られる.無色無臭気体.融点-163 ℃,沸点-82.2 ℃.1.935(固体),1.52(液体).1150 ℃ まで安定で,化学的に不活性であるが,アルコール性水酸化カリウムによりフッ化カリウムとギ酸カリウムを生じる.低毒性であるが,呼吸器に少し刺激性があり,高濃度で麻酔性がある.低温用冷却剤に用いられる.合成中間体.[CAS 75-46-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉 「フルオロホルム」の意味・読み・例文・類語

フルオロホルム(fluoroform)

トリフルオロメタン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

ワールド・ベースボール・クラシックの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android