フェルナンド ウィダール(英語表記)Georges Fernand Isidor Widal

20世紀西洋人名事典の解説

フェルナンド ウィダール
Georges Fernand Isidor Widal


1862.3.9 - 1929.1.14
フランスの臨床医,細菌学者。
アルジェリアデリス生まれ。
パリに出て、医学をルーおよびメチニコフに師事する。1895年パリ大学病理学内科学教授。腎病理学のパイオニアとして知られる。翌年、チフス患者の多くは発病後2週以後その血清中に凝集素が現れることを知り、腸チフスパラチフスの血清診断(ヴィダル反応)を考案した。また、腎臓の病理学、浮腫、過敏症などの研究をした。フランス科学アカデミー、フランス医学アカデミーの会員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android