デリス(読み)でりす(英語表記)derris

翻訳|derris

日本大百科全書(ニッポニカ)「デリス」の解説

デリス
でりす
derris
[学] Paraderris elliptica (Wall.) Adema
Derris elliptica Bentham

マメ科(APG分類:マメ科)のつる性低木で、一見フジに似ている。ミャンマー(ビルマ)、タイ、ベトナム、マレー半島、インドネシア、ニューギニア島などに分布する。枝は軟毛が密生し、横にはう。奇数羽状複葉で長さ18~38センチメートル、小葉は倒卵形または倒披針(ひしん)形で、先は急にとがり、9~13個からなる。淡紅色の花は、長さ約1.8センチメートルで、大きな総状花序(長さ18~25センチメートル)をつくる。

 東南アジアでは古くから魚をとる目的で、、葉をつき砕いて河川や池に流したり、矢毒の一成分として用いてきた(これをトバtoeba, tubaと称する)。トバに用いる植物の種類は多いが、もっとも主要とされるのが本種である。また、トバは害虫に対する忌避剤、接触毒として農薬にも用いられるが、その濃度は人畜や植物に薬害を生じない程度のものである。デリスに含まれるロテノンという成分は、ごく微量で魚に猛毒を現す。ロテノンは台湾で同様の目的に使用するドクフジMillettia pachycarpa Benth.(M. taiwaniana Hayata)の根から初めて取り出されたものである。マレー半島ではマラケンシス種P. malaccensis (Benth.) Adema(D. malaccensis Prain)を、インドではナガミノシイノキカズラ(フェルジネア種)D. ferruginea Benthamをデリスと同様に用いる。

[長沢元夫 2019年10月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「デリス」の解説

デリス
Derris elliptica; derris

マメ科の大型つる植物。熱帯アジア原産。茎 (つる) はがんじょうで長さ 20mあまりにも達し,地面をはったり他の植物にからみつく。全体に褐色の毛を密生し,葉は大きな羽状複葉でフジに似ている。花序は葉腋に生じ,紅色の蝶形花を総状にまばらにつける。根はロテノンを含み,「デリス根」として重要な殺虫剤駆虫剤とされた。主成分が熱に弱いため物理的に根を破砕して製する。デリス剤には水和剤,乳剤,粉剤があり,おもに遅効性の接触毒として,アブラムシウリバエなどに対し確実な効果を現す。また家畜寄生虫駆除や矢毒としても用いられた。第2次世界大戦までは熱帯地方で大規模に栽培され,日本でも小笠原諸島で栽培されたことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「デリス」の解説

デリス

〘名〙 (derris) マメ科のつる性木本。熱帯アジア原産で、大正以後、小笠原、沖縄などで栽培。茎は長さ二〇メートル以上になる。若枝に褐色毛をビロード状に密布。葉は奇数羽状複葉で長さ約三〇センチメートル。小葉は狭倒卵形で九~一三個。紅色の蝶形花は長さ約三〇センチメートルの腋生の総状花序にまばらにつく。さやは扁平で細かい毛を密生し、片側に狭い翼がある。根を殺虫薬に使う。トバ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「デリス」の解説

デリス(derris)

マメ科のつる植物。葉は奇数羽状複葉。花は紅色。根は殺虫剤の原料とする。熱帯アジアの原産。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「デリス」の解説

デリス
デリス
derris

[同義異語]ロテノン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版「デリス」の解説

デリス【derris】

殺虫や魚毒に使用される薬剤で,マメ科デリス属Derris植物の根や地下茎部の茎から作られる。基源植物のデリス属に殺虫成分があることはヨーロッパでは19世紀中ごろに知られており,またマレーシア地域から太平洋諸島では昔から毒流し漁法の重要な魚毒植物でもあった。トバ,タチトバ,ハイトバなどがデリスの殺虫有効成分であるロテノンを多量に含み,栽培もされる。トバD.elliptica Benth.(イラスト)はフジに似た木本性つる植物で,葉は奇数羽状複葉で4~6対の小葉を有する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデリスの言及

【ロテノン】より

…東南アジアに自生しているマメ科植物のデリスや近縁の植物の根部に含まれる殺虫成分。原住民が根のしぼり汁を川中に投じて魚をとっていたといわれる。…

※「デリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android