ヌカキビ(読み)ぬかきび

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヌカキビ」の解説

ヌカキビ
ぬかきび / 糠黍
[学] Panicum bisulcatum Thunb.

イネ科(APG分類:イネ科)の一年草。稈(かん)は軟弱で基部から分枝し、高さ0.3~1.2メートル。7~10月、稈頂に長さ・幅それぞれ15~30センチメートルの円錐(えんすい)花序をつける。小穂は楕円(だえん)形で長さ2ミリメートル、小花が2個あり、緑色でときに紫色を帯びる。藪(やぶ)近くに生え、北海道から沖縄、中国、インドに分布する。名は、農作物キビに似て、小穂はそれよりずっと小さいことによる。

[許   2019年9月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android